MENU
カテゴリー

50代で保育士志望の動機3つ求人で未経験でもいい理由と採用の秘訣とは

私自身50代で保育士志望の動機は?

というと当初は、両親が高齢なので近い将来介護をする事を見越して、
介護資格を取ろうかな、介護施設でお年寄りのお世話をしたり、話し相手になるという事なども考えたのですが、

私自身がそこで働いているというイメージがなぜかわかなかった のです。

そのあとなぜ私が50代で保育士を目指そうと思ったのか、

・何かにチャレンジしたくなった。
・以前から小さい子供が好きだった
・保育士国家試験の科目が2科目+実技が免除だったから

などの3つの理由からです。

受験科目については、保育士国家試験は9科目+実技なのですが、2科目+実技の免除は大きかったです。
でも、私は幼稚園免許の資格があるから免除科目があるということを知らなかったのであなたには知っていてほしいです。

では、くわしくお話ししていきたいと思います。

目次

50代で保育士志望する動機は

あなたはこんなことはありませんか?
若い頃と違って何か勉強したい、没頭するものが欲しい!

何かにチャレンジしたくなった

わたしはがむしゃらに頑張るものが欲しかったのです。
自分の時間ができた今、勉強してみようかな。

何かやってみたい!

子育ても終わり、家事もラクでそうそう時間もかからない。
今なら集中してやれそうな気がすると思ったのです。 

以前から小さい子どもが好きだから

子どもが好きで、最終的には保育士の資格を取ることに決めました。

自分の子供が大きくなり小さな子供と接する機会も少なくなったので、小さな子どもと接することができる仕事がいいなと思っていたからです。 

あなたはスーパーや近所で、小さい子どもが歩いてる姿を見るだけで「可愛い!」と振り返って見たことはないですか?
小さい子どもに関わらなくなって10年以上経つと、自分の子どもの小さい頃は可愛かったなぁなんて考えたりします。
「やはり子どもと接する仕事がいいなぁ」
なんて前々から思っていたのです。

7科目で国家試験に挑戦できる

さいわい幼稚園教員免許を持っていたことから、
保育士国家試験は9科目+実技なのですが、

問い合わせて聞いてみると、

「筆記筆記2科目+実技試験は免除
だということがわかり、実際7科目で国家試験に挑戦できるということが分かったことも大きかったです。

全国保育士養成協議会のホームページを見たり問い合わせもしたり、わからなければ電話でも聞くことができます。幼稚園免許を持っている人は、7科目の受験でよいという事を知らなかったという人もいると思います。私も知らなかった一人です。


ただ、受験することは決めたもののこの時本の分厚さに驚き、本屋さんで呆然とした覚えはあります。

みう

こんなに覚えられないよ~

「7科目ってこんなにおぼえることがあるの??こんなに覚えられないよ」と思い尻込みをしてしまいました。その時長女にこんなに覚えられないから試験受けるのやめようかな」と弱音を吐くと

お母さん、ただ覚えるだけなんでしょ?
考える問題ではないんだよね、暗記ならできるよ!」と言われたんです。

実際マークシート方式だったので記述ではなかったのですが、久しぶりの勉強だったので不安でいっぱいでした 。

ですが娘のその一言で
「そうだよね、覚えるだけなんだもんね」と自分に言い聞かせて、次の日から勉強をし始めました。
この時期は1月、テストは4月。


保育士の国家試験は年2回試験があり、4月を逃すと10月になります。
10月だと間が空いてしまい長すぎると思い、短期集中し、3か月後の4月の受験を目指して7科目勉強をし始めました。 


保育士試験に合格することが出来たら、何より育児経験があるということが役に立つと思ったし、そのようなことが書いてある記事を見たことも後押しになりました。

実際に求人があるのか?ということに関しては、資格を取ったとしても求人がないと働けないということになりますが、保育士は忙しい仕事だと漠然と思っていたので
今は共働きの家庭が多いですし、何かしら仕事はあるはずだと考えていました。

さてここで、採用する側からみると50代はどう思われているのかを考えてみました。

採用する側から見ると50代はどう思われているのか

「50代」は子供が成人したり子育ても終わり、自分の時間を自由に使える人が増えてくる世代ではないでしょうか。

未経験でもいい、家族が自立していて仕事に専念できる人
今まで他の仕事や育児で社会経験を積んでいる人

などの人を採用したい思っているのではないでしょうか。

それではどういうことか見ていきましょう。

未経験でもいい家族が自立していて仕事に専念できる

最近では40代で子供を産む人も増え20〜40代だと子供がまだ未就学児や小学、中学校に通っているという方が多いと感じます。

保育士は余剰人員がないところが多いし、小学校からお子さんが発熱したとの連絡があると、早退せざるをえないのです。
職場によっては帰れる状況にあるかどうか、
雇う側としてもお子さんがまだ小さい保育士を雇うことを躊躇していると聞いたことがあります。
さらに、夏休みや冬休みの保育補助のパートの方も、雇う側としては、変わらず出勤できる人を採用したいと思うはずです。

未経験でもいい、50代で仕事に専念できる環境にある人。

雇い主側からすると独身の保育士さんか40後半ぐらいから50代が体力落ちていたり多少あるとしても雇いたいと思っているのです!
需要があるのは確かです!

求人サイトや求人誌には、

・未経験可
・50代歓迎
・50代活躍
・50代応募可

などの文字が目立ちます。これはなぜだと思いますか?

今まで他の仕事や育児で社会経験を積んでいる

50代は、20代に比べて今までいろんな仕事や人間関係など経験豊富で、その都度乗り越えてきているという見方をされ、それがメリットでもあります。

私の場合は保育士国家資格を取得してからすぐに就職先を探し、採用になっています。

やはり需要はあると言えます!

まとめ

私が50代で保育士を目指そうと思った理由は、
・何かにチャレンジしたくなった。
・以前から小さい子供が好きだった
・保育士国家試験の科目が2科目+実技が免除だったから

未経験でもいい理由は採用する側は
・仕事に専念できる環境にある人(子育ても終わり、自分自身の時間を持てる)
・今まで他の仕事や育児で社会経験を積んでいる人。

を求めているためだと言えます。

目次